便座や「神薬」だけじゃなかった!

2015年7月17日、中国人観光客が日本を訪れて買うものと言えば、少し前までは「温水洗浄便座」だった。だが、その多くが「メイド・イン・チャイナ」であるという事実が発覚すると、今度は、日本で「神薬」を買うというブームがひっそりと沸き起こった。人民網が各メディア報道を総合して伝えた。

「日本に行くなら、常備薬を買わない手はない」「日本に行くなら絶対に『神薬』を買うべし」といった書き込みが、このところ、ネット上に満ち溢れている。なぜこのような現象が起こったのだろうか?日本に駐在する人民日報記者、劉軍国(リウ・ジュングオ)氏は、次の通り指摘した。

7月1日、日本の薬の一部が中国のネットメディアで紹介され、「日本に行くなら常備薬を買って帰るべし」と呼びかけられた。ここで注意すべきは、日本の製薬メーカーが紹介したのはあくまでも「常備薬」であり、いわゆる「神薬」は、中国国内の一部ウェブサイトによる大げさな物言いであることだ中国人が日本で買う常備薬ベスト3は小児薬(熱冷却シート、咳止めシロップ、虫よけクリームなど)、保健薬品(美白・ダイエット薬、体力増強剤、消化促進薬など)、中国では未発売の新タイプの薬品(角質軟化クリーム、液体ばんそうこうなど)

では、温水洗浄便座と日本の常備薬「神薬」以外に、中国人観光客が海外旅行で「爆買い」する製品には、一体どんなものがあるのか見てみよう。

ぜいたく品

各国現地の観光協会の統計データによると、1回の渡航につき中国人観光客が現地で消費する金額は米国旅行が約6000ドル(約74万円)英国旅行が約1600ポンド(約30万円)ドイツ旅行が2500ユーロ(約34万円)と、その他の国の3倍以上に相当する。このお金で、彼らは何を買うのだろうか?ぜいたく品は、依然、中国人観光客が先進国を旅行する際の一大目的だ。

英国で有名なアウトレット・ビスタービレッジにある国際的大型ブランドのアウトレット店を訪れる買い物客の半数以上は中国人だという。ロンドン郊外にあるこのアウトレットは、今や、名実ともに「中国ビレッジ」となった。

フランス番禺富善社(Association Amicale Franco-Chinoise de Pan-yu)の方顕秋(ファン・シエンチウ)社長は、「フランスを訪れる中国人観光客の一部は、『土豪(田舎っぽい金持ち)』の雰囲気を醸し出している。これまでに多くの団体に付き添ってショッピングをしたが、ある団体では、1人平均5万ユーロ(約680万円)を使っていた中には、10万ユーロ(約1360万円)以上を買い物に費やす人もいた」と話した

電気炊飯器

韓国仁川(インチョン)空港航空運営委員会(AOC)は5月、空港の大型免税店各社に文書を発送した。文書には、「中国人観光客が免税店での買い物に夢中になり、搭乗時間に遅れ、そのために出発時刻も遅れるケースが多発している。免税店各店が、節度を持って中国人観光客に対する商品販売を行ってくれるよう望む」と書かれていた。

中国人観光客は、韓国の空港免税店で、電気炊飯器やジューサーなどの大型免税商品を買うことが多い。乗客1人が携帯できる手荷物の個数、重さ、大きさの条件を上回った時、持ち込みはできなくなり、搭乗前に手荷物超過料金を支払い、貨物として預けなければならない。この手続きにある程度の時間がかかるため、フライトの出発遅延につながる。

関係者は、「空港免税店は、少しでも売上を増やそうと、大量の免税商品を中国人観光客に薦めている」と証言している

参考 Record China  2015.07.19

 

【関連する記事】