体に着けず心拍計測→京大etc

体に装置を着けずに心拍数を計測できるシステムを、京都大とパナソニックが共同開発し、20日発表した心臓の鼓動に伴う体の表面の微妙な動きをレーダーで捉え、独自に信号処理して心拍数を算出する仕組みで、高齢者や乳幼児の見守りなどに応用できるという
パナソニックが開発した高感度なレーダーは、心臓の鼓動による0・1ミリ単位の体表面の動きを捉えることができる。計測結果には、呼吸による体の動きなどもノイズとして含まれるが、京大が独自に開発した解析プログラムは心拍による動きだけを高精度に抽出する
レーダーで使われる波長5ミリの電波は衣服を通過するため着衣状態での計測が可能で、室内の天井にレーダーの装置を設置しておけば、日常の健康管理や見守りに使えるという
システムの開発を担当した佐藤亨京大情報学研究科教授は「一つの室内に複数の人がいても同時に心拍数を計測できる技術も開発しており、家庭や職場で健康やストレスの測定が手軽にできるようになる居眠り運転の防止にも応用できる」と話している
少子高齢化が進む中で持続可能な社会づくりを目指す研究を支援する国の「COIプログラム」の一環で開発した。

参考 京都新聞 2016.01.20

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

 

【関連する記事】