住宅用太陽光発電→4割値下がり

住宅用太陽光発電の設置費用などがここ数年で大きく下がり、20年間使う場合の発電費用が、大手電力会社電気料金とほぼ同じになったことが、自然エネルギー財団(東京都港区)の試算で分かった今後、電気をためる家庭用蓄電池の普及が進めば、電力会社に頼らない電気の「自給自足」も近づく

同財団の木村啓二・上級研究員の試算。太陽光パネル設置・維持費用と、20年間使う場合の総発電量などから計算したところ、2014年10~12月の1キロワット時当たり発電費用は25・28円で、10年4~6月の41・50円から約4割下がった

一方、この間の大手電力の家庭向け電気料金の平均は、東日本大震災後の原発停止や、円安による輸入燃料の高騰などで20・37円から26・26円に上がった。

住宅用の太陽光発電システムの設置費用は現在、平均的な容量5キロワットのタイプは170万円前後と、5年前に比べ3割強も下がった太陽光パネルの価格競争が世界的に激しくなっていることが背景にある

試算は、発電した電気をすべて自家消費する前提だが、実際の利用は異なる。太陽光の発電量が多い昼間は、余った電気を電力会社に買いとってもらい、逆に足りなくなる朝や夜は電力会社から電気を買うためだ

 太陽光発電協会によると、住宅用太陽光発電は14年度末で累計約170万件戸建て住宅での太陽光の設置率は約6%とみられる

朝日新聞デジタル2016.04.04

images-3-48-150x150images

【関連する記事】