仕事にやりがいを感じる→日本最下位

2014年8月21日、新華社によると、世界最大のビジネス向け交流サイト・リンクトインが行ったキャリアに関する意識調査で、中国人の88%が「現在の仕事にやりがいを感じている」と答えた。 

調査は26カ国・地域で同サービスに登録する正社員を対象としたもの。現職にやりがいを感じている人が最も多かったのはインドで95%。以下、マレーシア(94%)、ドイツ(93%)、インドネシア(92%)の順。米国は91%で9位、中国は88%で17位日本は77%で最も低かった。 

「やりがいを感じていない」と答えた割合も、日本は10%で対象国・地域で最も高かった

参考 record china 2014.08.22

 

【関連する記事】