仁川空港→羽田の国際線拡充が打撃に?

韓国の仁川国際空港の昨年の乗継旅客数が、前年比で46万人も減少したことが明らかになり、羽田空港などとの“ハブ空港競争”で遅れを取るのではないかという懸念が強まっている

30日の韓国・聯合ニュースによると、仁川空港公社が公表した昨年の乗継旅客数は725万1000人で、2013年の771万人から6%減少した。仁川空港の乗継旅客数は、2011年が9.0%、12年が21.1%、13年が12.5%と高い伸びが続いており、減少は4年ぶり

減少の原因の一つとして挙げられているのが日本の羽田空港が昨年3月以降、国際線を増やしたこと。日本の地方居住者などが仁川ではなく羽田経由で海外に出かけるようになったと分析している。また、ドバイ国際空港を拠点にするエミレーツ航空などが低価格で路線を拡張している影響もあるという

こうした状況を受け、韓国の国土交通部と仁川空港公社、韓国の航空会社などは昨年末にタスクフォースを設置し、乗継旅客対策を検討している。国土交通部航空政策課は「ハブ空港になるには乗継旅客が重要。自国の旅客だけでは市場に限界がある」と、中国など海外の旅行者を誘客する必要性を強調している

このニュースに対し、韓国ネットユーザーからは多くの意見が寄せられている。主なコメントを紹介しよう。

ナッツ航空を敬遠する人のせい?

「そろそろ特効薬の民営化カードを切るのか…そのための仕込みか…」

仁川空港だけを助けようと、他の地方空港は餓死寸前だ!!!ぶつぶつ不平を垂れるなよ!

「世界1位の仁川空港を売り渡したくて、誰かが動いてるのかな?余計なことするなよ~」

現在乗継客がピーク水準に来ている訳で、この規模を現状維持するだけでも世界最高水準の空港として全く遜色ない。くだらん記事書くなよ!!

「赤字は国民の税金で埋めるのに、何を心配してる?年俸、成果給アップ祭りも続けるだろ

少数の正社員が多数の非正規を理不尽にこき使う空港

中国は北京、上海等に国際空港を増設日本は国際線を増やして乗継客は減少。大韓航空に対する格安航空社の追い上げにより乗継価格のメリットも下がり、優位性を失いつつある」

「アシアナが大幅増だな。仁川空港の問題ではなく、ナッツ航空が問題なんだ」

世界各国を出張・旅行してみると、日本人はどの国の人よりも礼儀正しい。他人に迷惑かけまいと、少しぶつかってもすぐにスミマセンと言う。私たちは日帝時代に被害を受けたが、学ぶべきは学ばねば

「羽田に随分乗継客を奪われた」

「国内線は金浦空港に、国際線は無条件で仁川発着にしてこそ仁川空港が活性化します。最近金浦空港に発着機が増えましたが、こっそり日本などの航空機が金浦空港を離着陸。強く抗議します」

参考 FOCUS ASIA 2015.01.30

 

【関連する記事】