人類の9割「右利き」はなぜ?

人類の9割は右利きほかの動物ではチンパンジーに唯一利き手があり、2対1の割合で右が多いそうだなぜ人類だけ圧倒的に右利きが多いのか

脳の進化と関係があります」というのは、“左右学”を研究する埼玉大名誉教授の西山賢一氏(生物学・経済学)だ。

「今から180万年前の石器などの作られ方を調べたところ、当時の原人類は57%が右利きでした。それから時を下って約1万年前の前史時代、やはり当時の石器などを調べたところ、右利きは9割に増えていました。その間に何があったかというと、約6万年前の“言葉”の誕生ですより複雑で大きな道具を作ったり、団体で狩りをするには、言葉によるコミュニケーションが必要不可欠急速に言語脳である左脳を発達させた人類は、結果的に左脳とつながっている右半身が優位つまり右利きが増えていったと考えられます

現代社会も右利きに優位につくられているハサミや自動改札機のほか、コンビニでは右利きの人が商品を取りやすいよう左回りの動線を設定していることが多い回転寿司が右から流れてくるのもそうした理由。右利き優位というより、“右利きが基本”なのである

では、なぜ左利きが生まれるのか。前出の西山氏は「左利きは右脳が優位で、クリエーティブな才能に秀でている人が多い。誰も考えつかないような独創的な武器を作るなどして、必要とされてきたのではないか。また、論理的な左脳だけでは円滑なコミュニケーションは成り立たない。右脳有利の人は笑いのセンスも高い傾向がある。社会の潤滑油としての役割も担っていたのでは」と分析する

もちろん、左右どちらが優れているかは一概に言えないが、いずれも大切な個性であることは間違いない

参考 日刊ゲンダイ 2015.04.12

【関連する記事】