人口減少→最多27万人

総務省が1日発表した住民基本台帳に基づく人口調査によると、2015年1月1日現在の日本人の総人口は、前年同期より27万1058人少ない1億2616万3576人となった減少率は0.21%に当たる。総人口が前年割れとなったのは6年連続で、減少数は過去最多。各地域で軒並み人口を減らす中、東京圏は増加しており、一極集中がさらに進んだ
出生者数は100万3554人だったのに対し、死亡者数は127万311人。死亡者数が出生者数を上回る自然減は26万6757人で過去最多を記録した
年齢階層別で見ると、15歳未満の年少人口は1631万18人だったのに対し、65歳以上の老年人口は3268万764人。老年人口が初めて年少人口の2倍以上となり、少子高齢化の進展を裏付けた
三大都市圏の人口割合は51.07%と、9年連続で全国の過半数を占めた。東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)の人口は0.27%増加した一方、名古屋圏(岐阜、愛知、三重)は0.10%、関西圏(京都、大阪、兵庫、奈良)は0.23%それぞれ減少。その他の地方圏も0.50%減った。
都道府県別に見ると、人口が増えたのは6都県。東京(0.57%)、埼玉(0.13%)、神奈川(0.12%)、千葉(0.02%)の4都県が含まれており、東京圏での人口増加が目立つ人口が減少したのは41道府県で、減少率が高かったのは秋田(1.27%)、青森(1.07%)、高知(0.97%)
全国1747市区町村のうち、人口が減少したのは1452団体で8割を超える。減少率が高いのは東京都御蔵島村(5.41%)、宮城県女川町(5.37%)、北海道初山別村(5.11%)など。

考 時事通信

【関連する記事】