井岡家の夢→6度目でついに

プロボクシングWBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦 同級3位・井岡一翔 2―0判定 王者フアンカルロス・レベコ(2015年4月22日 大阪府立体育会館)

新王者誕生のアナウンスが流れると、井岡の目に涙があふれた。2度目の3階級制覇挑戦で悲願を達成。元2階級制覇王者でおじの弘樹氏も4度、挑戦して届かなかった“井岡家の夢”をかなえた

「3階級獲ったぞ!」と絶叫し感情を爆発。続けて「おじさんと僕、合わせて6回目の挑戦なんで、本当に自分も崖っ縁というか正念場だったんですけど、本当に皆さんの応援があって…。本当にプレッシャーがあったんですけど、打ち勝ちことができました」と声を震わせた。

2回に王者を左フックでぐらつかせたが、中盤以降は手数が減り王者に追い上げられた。115―113、116―113、114―114の小差の勝負をものにしたのは執念だった。昨年5月、初めて3階級制覇に挑んだIBF世界フライ級タイトルマッチは1―2の判定負け。僅差の勝負だったが、プロ初黒星を喫した。

「僕はボクシングをしてから井岡家に生まれてきてサラブレッドと言われてきた。でも、去年の5月に負けてから積み重ねてきたものが音を立てるように崩れ、本当の地方馬になった」と苦難の日々を振り返り「でも、そこから3階級制覇できたのは頑張ってる皆さんに夢を与えたいと思ったから。これからも真っ直ぐに生きていくんで応援よろしくお願いします」。苦しんだからこその喜びが、そこにあった。

激戦の熱気が充満するリング上。そのことを誰をよりも理解する弘樹氏ときつく抱き合った

参考 スポニチアネックス 2015.04.22

【関連する記事】