二酸化炭素を地中へ→中部電力

中部電力は、武豊火力発電所(愛知県武豊町)で、排出される二酸化炭素(CO2)を地中に封じ込める新技術「CCS」を導入する検討に入った

発電所の建て替えに合わせて必要なスペースを確保する方針。今後の実証試験や実地調査で有用性が確認されれば、導入に踏み切る見通しだ。CCSは地球温暖化対策で注目され、電力大手で導入構想が明らかになるのは初めて

中部電は古くなった武豊火力の建て替えを準備中燃料を石油から石炭に切り替え、出力100万キロワットとする。2021年度の稼働をめざしている。

敷地内で、CO2を分離・回収、注入するCCSの施設を建てられる場所を確保した設計にする方針だ

浜岡原子力発電所が長期間止まっている中部電では、代わりに石炭火力に力を入れている

石炭火力は発電コストが比較的安いが、CO2の排出が多いのが難点この対策となるCCSが実用化されつつあるため、導入を準備しておくねらいがある

朝日新聞デジタル 2014.12.30

【関連する記事】