亀田兄弟敗れる

6日に米テキサス州コーパスクリスティで行われた世界ボクシング協会(WBA)バンタム級タイトルマッチで、挑戦者の亀田和毅(24)(亀田)は同級王者のジェイミー・マクドネル(29)(英)に0―3の判定で敗れ、31勝(19KO)2敗となった

約1年9か月ぶりの復帰戦として、前座のバンタム級ノンタイトル8回戦に臨んだ兄の亀田大毅(26)(亀田)も、ビクトル・ルイス(24)(メキシコ)に1―2で判定負け

亀田兄弟にとって厳しい一日となった三男の和毅は5月にプロ初黒星を喫した相手との再戦で雪辱を果たせず、「前回よりも勝ったと思ったけど、出た結果に何も言うことはない」。終盤にはダウンも喫し、判定で前回より点差が開いた敗戦を認めるしかなかった

参考 読売新聞 2015.09.07

【関連する記事】