丸紅が伊電力大手と協業へ

丸紅は24日、イタリアの電力最大手のエネル社とアジアでガス火力や再生可能エネルギー発電事業で共同開発する覚書きを結んだと発表した

アジアでは環境対応に優れたガス火力の需要が高まっている。アジアの石炭火力発電所運営や再生可能エネルギー開発で知見のある丸紅とガス火力や地熱などでノウハウを積むエネルが組み、インドネシアやフィリピン、タイ、ミャンマーなどで具体的な案件を探る

丸紅は昨年3月に先行してエネルの再生可能エネルギー子会社のエネル・グリーンパワーと共同開発の覚書きを結んだが、エネルとの提携で協力関係を拡大した

エネルはブラジルや中東、アフリカでも発電所運営の実績があり、丸紅は将来的には共同開発の対象地域をアジアを以外に広げ、中南米やアフリカ開拓の足がかりにしたい考えエネルはイタリアをはじめ地熱発電所では100年以上の知見があるという

産経新聞2016.05.24

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】