中高年→「眠り続ける力」が低下する

40歳代以降は長く眠れない

製薬会社のMSDが2015年7月に、「中高年の不眠に関する意識と実態調査」を行いました。対象は、全国の40~70歳代の男女8,000人です。調査は、インターネットを通して行われました。

不眠症の症状には寝つきが悪い「入眠障害」、夜中に目覚める「中途覚醒」、朝早くに目覚める「早朝覚醒」の3つがあります。過去1カ月の睡眠状態について週1回以上これらの症状があったか、尋ねた結果は次のとおりでした。

・不眠症状なし 38.0%
・入眠困難のみ 34.4%
・中途覚醒あるいは/および早朝覚醒 55.0%
・3つの症状すべてあり 18.1%

 不眠症というと寝つきの悪さが注目されますが実際には中高年の半数以上が、睡眠を維持できなくなってきている(中途覚醒+早朝覚醒)ことが分かりました。また、入眠困難・中途覚醒・早朝覚醒の3つの症状すべてを抱える人が、中高年の約5人に1人に上りました

次に、不眠症状の原因について尋ねました。

・不安や興奮、緊張やストレス、考え事 50.8%
・日中、十分に活動していないため 17.6%
・生活のリズムが不規則 15.7%

不眠症状の原因として、半数の人が精神面の影響をあげています。一方、日中の活動量不足や生活リズムの乱れが原因と考えている人は、どちらも2割以下でした。日中に体を動かすことはストレスの解消につながり、眠る前にテレビを見たりやゲームをしたりすると脳が興奮して眠れなくなるなど、これら3つの要因はそれぞれに影響を及ぼし合っていると思われます。

■不眠症状に合わない薬を飲んでいるかも?

医師から不眠症と診断され、不眠症治療薬を飲んでいる人に、不眠症状のあり・なしを訊くと、よく眠れるようになった人は半分以下(44%)しかおらず、6割近く(56.0%)の人で不眠症状が残っていることが分かりました

現在、飲んでいる不眠症治療薬の種類を尋ねたところ、以下の結果になりました。「GABA受容体作動薬」というのは、従来から使われてきた睡眠薬です。

「新規治療薬」には、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンと同様の働きをする「メラトニン受容体作動薬」や、覚醒機能をブロックする「オレキシン受容体拮抗薬」などが含まれます。

・GABA受容体作動薬

超短時間作用型 44.7%
短時間作用型 36.3
中時間作用型 21.6
長時間作用型 2.8

・新規治療薬など 4.7%

 夜中や早朝に目が覚めて困る人は、作用時間が短い不眠症治療薬を飲んでも、あまり効果がありません。超短時間作用型や短時間作用型の薬では、飲んでしばらくすると、薬の効果が弱まってしまうからです。中途覚醒や早朝覚醒の治療には、中時間作用型のGABA受容体作動薬や、オレキシン受容体拮抗薬が適しています。

■生活習慣病があると睡眠維持力はさらに低下

生活習慣病と睡眠の状態には、深い関係があります。この調査では生活習慣病がある人に、「アテネ不眠症尺度」をやってもらいました。アテネ不眠症尺度とは、世界保健機関(WHO)などが作った、世界共通の不眠症判定法です。

不眠症の疑いなし 45.7%
・不眠症の疑いが少しあり 16.4%
・不眠症の疑いあり 20.9%
・不眠症あり 17.0%

 生活習慣病患者の約5割(54.3%)が、「不眠症」または「不眠症の疑いがある」と判定されました。一方、生活習慣病がない人でのこれらの割合は、44.4%でした。生活習慣病がある人はない人に比べて、10ポイントも不眠症のリスクが高いということです。

生活習慣病がある人の、不眠症状の内訳は次のとおりです。

・不眠症状なし 29.8%
・入眠困難のみ 39.5%
・中途覚醒あるいは/および早朝覚醒 63.2%
・3つの症状すべてあり 22.9%

中年以降で生活習慣病を持つ人では、入眠困難の約2倍も、睡眠維持力の低下による不眠があることが分かりました。これらの不眠症状を改善するためには、生活習慣や寝室環境を整えることが基本です。しかし、それでも不眠が良くならないときは、医師に相談して、症状に合った薬を飲むことをお勧めします。

参考 All About 不眠・睡眠障害) 2015.10.16

【関連する記事】