中学校昼食→配達弁当(横浜)

横浜市教育委員会の岡田優子教育長は3日、中学校昼食で導入を検討している事前予約制の「配達弁当」(仮称)について、2016年度中の全校実施を目指す考えを明らかにした。具体的な導入時期を示すのは初めて。

同日の市会本会議で、鈴木太郎氏(自民)の質問に答えた。岡田教育長は「できるだけ経費を抑えていく」とも述べた。

また中島光徳氏(公明)は昼食を用意することが困難な生徒への対応をただし、岡田教育長は「何らかの配慮が必要と考えている」と答えた。

市教委によると、民間調理施設で調理された弁当の一時保管場所などの整備費について、約30億円と試算している

参考 カナロコby 神奈川新聞 2014.12.04

【関連する記事】