中国2月貿易総額→20%減

中国税関総署が8日発表した2月の貿易統計によると、輸出と輸入を合わせた貿易総額は、前年同月比20.8%減の2196億ドル(約24兆8000億円)と2カ月連続の2桁減だった。減少率は1月(14.5%減)より拡大した。内外需の低迷が続いているとみられる

2月の輸出は25.4%減の1261億ドルと8カ月連続で前年同月を下回った。昨年2月が大幅に増加(48.3%増)し、その反動もあるとみられる。地域別の輸出(1~2月の累計のみ発表)は、米国が前年同期比15.7%減、東南アジア諸国連合(ASEAN)が24.8%減。最大の貿易相手・欧州連合(EU)も15.4%減、日本は12.2%減と軒並み減った

2月の輸入は13.8%減の935億ドルと16カ月連続のマイナス石炭など原材料に加えて、自動車部品や液晶パネルなど部品関連の輸入も減少した

中国政府は昨年、貿易総額を6%伸ばす目標を掲げていたが、実績は8%減に終わった。貿易総額の目標は毎年、全国人民代表大会(全人代=国会)で公表されるが、5日開幕した今年の全人代では発表が見送られた

毎日新聞  2016.03.08
   images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】