中国進出の欧州企業→改革進まず悲観的

 在中国の欧州連合(EU)商工会議所は中国で外国企業の事業環境が「ますます敵対的に」なっているとの調査結果を明らかにした

調査は商工会議所が年1度、500社以上を対象に行っている。このうち、中国での事業拡大を計画しているのは調査対象の半数以下だった。外国企業への市場アクセス開放が進まず、企業の間では新たに悲観的な見方が広がっているという

調査報告書は「中国の景気減速は、引き続き国内企業と欧州企業の両方にとって大きな試練となっている。ただ、事業環境は常に国内企業寄りで、欧州企業に対する減速の影響が強まっている」と指摘した

調査対象の欧州企業のうち、中国での事業拡大を計画しているのは47%で、2015年から9%ポイント低下した。3年前は86%だった

また、人員削減などによるコスト削減を計画しているのは41%で過去最高。2013年時点からは19%上昇した

ロイター2016.06.07

   images-3-48-150x150images

【関連する記事】