中国軍は「張子の虎」

中国メディアの環球網は25日、「英メディア:中国軍は張り子の虎。門外に出れば米軍にやられるだけ」と題する記事を掲載した。英通信社のロイターによる、中国軍の実力は米軍の遠く及ばないとの論評を紹介した

記事は、中国は戦後、ソ連軍の侵攻などに備えて「近い敵と交戦」する防御的な軍事力を求めたと説明

さらに、現在では防衛の主眼は西部国境から東部沿海地方に移り、範囲も島嶼部までに拡大されたが、防衛を目的とする意図そのものに変化はない経済が急成長した1990年代以降も、中国が求める武器は主に防御目的のものと主張

また、空軍も海軍も米国に次ぐ世界第2の規模になったが、中国軍に世界展開する能力はない軍・政府中央は、(必要な)専門的知識も軍事理論も持ち合わせていない。解放軍は装備が最新式でも苛酷な実践経験はなく、戦えるかどうかは明言が難しいと主張した

中国軍の“弱点”として「友が少ない」ことも指摘(遠隔地で)衝突が発生しても、中国が使える海外基地はほとんどない米軍が数百カ所の海外基地を維持しているのとは、対照的だ

ただし記事は、中国軍も西太平洋地域では脅威となりうると指摘本土に近く、空海軍力を集中させることができるからだ。性能で劣っても数でカバーできる

記事は、米軍には、全世界に展開してはいるが、同一期間には特定の場所にしか戦力を集中できない問題もあると指摘。つまり、世界に置いて複数個所で問題が発生しても、同時介入はできないとの見方だ

台湾海峡有事の際、重要なのは米軍が沖縄を利用できるかどうかとした沖縄の基地を利用すれば、米中の出動戦闘機数は1対3程度になる。沖縄を利用できずグァムから発進するのでは中国機は米軍機の10倍程度の数になる。記事は、米軍戦闘機は優秀だが、中国機の「10倍の能力」は持ち合わせていないと指摘した

米国は日本とフィリピンと同盟を結び、ベトナムとも関係を改善した米国は公海の自由航行権を全力で守る考えだ自由貿易にとって最も重要な条件のひとつだからだ。記事は、前記の国が中国と開戦すれば、米国も介入するとの考えを示した

記事は、「自国に近ければ、中国軍は軽視できない力を発揮する。しかし、家を出て戦えば、中国軍にほとんど勝算はない。戦場にたどりつけるかどうかも疑問」と結論づけた

参考 サーチナ 2015.06.27

【関連する記事】