中国軍、大規模改革へ→宇宙部隊創設

中国の習近平国家主席(共産党総書記・中央軍事委員会主席)が「航天(宇宙)部隊」の創設や、陸、海、空軍と第2砲兵(戦略ミサイル部隊)の統合運用体制の構築現地方区分「7大軍区」の「4大戦区」への改編などを柱とする軍の大規模改革を検討していることが7日、分かった
複数の共産党筋が明らかにした。
南シナ海、東シナ海で日米などとの対立が先鋭化する事態を想定し、従来の陸軍中心の戦闘・防衛体制を海・空軍重視へと転換させる方針だ
現在の人民解放軍は中央軍事委員会の指揮の下、総参謀部(作戦指揮・情報)、総政治部(政治工作・人事)、総後勤部(補給)、総装備部(調達)の「4総部」体制その下に陸軍が主導する7大軍区と海、空軍、第2砲兵が置かれている
 新設の「航天部隊」に関しては空軍の管轄下に置かれるという情報と、空軍と一体化して「航空航天軍」(空天軍)に再編されるとの見方がある宇宙分野の主導権争いを視野に置いた戦略の強化により、日米などの中国脅威論が一層高まるのは必至だ

参考 時事通信 2015.09.08

【関連する記事】