中国製のはずが、北朝鮮制?→信用できない

国際合意に違反する北朝鮮の核実験やミサイル発射に対しての国連の制裁強化が決まった。

この制裁には中国も協力している。しかし、オーストラリアの企業からスポーツ衣類の製造注文を受けた中国の企業が、北朝鮮に下請けに出していたことが発覚した北朝鮮製の製品が大量に「中国製」という偽の表示で各国の市場で出回っていたのだという

表面上は北朝鮮への制裁に同意しながら、裏では北朝鮮経済を支援する中国の行為に、米国は疑念を強めつつある

■ 北朝鮮の工場の売上は数百万ドルに

 この偽装事件は2月下旬、オーストラリア最大のメディアグループ「フェアファックス・メディア」傘下の新聞「シドニー・モーニング・ヘラルド」などの報道によって明らかになった。同報道によると、オーストラリアのサーフウェア、スキーウェア、登山服などスポーツ衣服の大手製造企業「リップカール」は、自社製品を「中国製」と称して、実は北朝鮮の工場2カ所で製造してきたという

これらの工場は1カ所は平壌北約30キロ、もう1カ所は平壌南西約100キロにあり、2014年7月頃からリップカールの衣服を専門に製造してきた

 それらの衣服は世界各国に送られて販売され、これまでの売上は数百万ドルに達する。製品にはリップカールのマークとともに「中国製」という虚偽の表示が付けられてきたという

この報道が流れるとリップカールはすぐに、「中国の工場で製造されるはずの製品が北朝鮮の工場へ下請けに出されていたことを当社は知らなかったが、間違いだったので謝罪する」という声明を出した

 オーストラリアでは、オーストラリアの企業が北朝鮮で操業することは禁じられている。また、朝鮮の工場労働者がきわめて低い賃金で1日20時間も労働をさせられていたこともあわせて、同社への非難が高まった

■ 企業の背後に中国政府が

 米国大手紙のウォールストリート・ジャーナルは2月23日付の記事で今回のリップカールの事件を取り上げ、「最近の中国は、中国人労働者の賃金上昇や北朝鮮経済の崩壊の回避のために、秘密裡に作業を北朝鮮に外部委託している」という米国政府の見方を報道した

つまり米国としては、企業の背後に中国政府がいて、北朝鮮の金正恩政権が崩壊しないようにひそかに配慮していると見ているのだ

となれば、国連や米国が主体となって北朝鮮に対する本格的な対北朝鮮制裁を強化しても、中国によってその効果が減殺されてしまう

 北朝鮮への制裁強化にはまだまだ抜け道があり、とくに中国の動向には警戒を怠るな、ということであろう

古森 義久

JBpress  2016.03.05
  images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】