中国自動車メーカーに迫りくる→値引競争

中国メディアの中国汽車報は6日、中国経済が中低速ながらも安定した成長を目指す「新常態(ニューノーマル)」の時代を迎えつつあるなかで中国の自動車市場が減速していると伝え、外資メーカーが招いた価格競争が「中国の自主ブランドメーカーにまで延焼しようとしている」と伝えた

記事は、中国の経済成長は過去25年で最低の水準まで減速していると伝えGMやフォードを含めたグローバルメーカーも中国自動車市場の減速に対応すべく、値下げ幅を拡大していることを指摘した

さらに、中国汽車工業協会常務副会長の董揚氏が価格競争による戦火はまもなく中国自動車市場全体へと延焼し、中国自主ブランドメーカーもすぐに巻き込まれることになる」と述べ、今後数カ月において中国自主ブランドメーカーの大半は苦しい日々を過ごすことになるだろうと論じた

続けて、董揚氏の発言として、「一部の経営難の自主ブランドメーカーは盲目的な生産拡大を停止すべき」と伝えただでさえ中国は自主ブランドメーカーが多すぎると指摘。さらに中国の自動車産業は生産能力の過剰という問題を抱えており、利益率が低く、競争力のない中国自主ブランドメーカーは価格競争が起きれば大きな打撃を受けるだろうと論じた

さらに記事は、2015年1-5月における中国自動車市場の販売台数の伸びは2.1%にとどまったと伝え15年通年の伸びは14年の6.9%を大きく下回る可能性が高いと伝えた中国では大きなシェアを獲得しているフォルクスワーゲンも主力車種の値下げ拡大を発表しており、中国自主ブランドメーカーもまもなく値下げ競争の波に飲み込まれることになると伝えた

参考 サーチナ 2015.07.11

【関連する記事】