中国経済の「脆弱性」

国際通貨基金(IMF)のデビッド・リプトン筆頭副専務理事はこのほど、中国の通貨・人民元について「IMFの試算より依然として安い水準に抑えられている」と指摘する一方、中国経済はすでに「管理を強化しなければならない水準にまで悪化している」と指摘した。

IMFの予測として、中国の2014年の経済成長率が7.5%となり、15年は7%程度であると述べたことを紹介。

中国経済が持続的な成長を実現するためには金融システムの安定が必要とし、「信用拡大による経済成長を続けようとすれば、さらなるリスクが浮上する可能性がある」と指摘。

中国の経済成長と金融システムに大きな関わりを持つ不動産市場について、「現在は短期的な調整局面にある」しつつ、中国には不動産に対する実需が存在するため、不動産市場は改めて回復に向かうはずと語ったことを伝えた。

参考 サーチナ 2014.06.11

【関連する記事】