中国経済「ハードランディング」が現実味

中国メディアの騰訊証券は24日、英国の投資ファンドのMark Dowding氏がこのほど、中国経済がハードランディングするリスクが明らかに増大していると指摘したことを紹介した

記事は、中国経済が今後どれだけ減速するか、先行きは不透明だと伝えつつ、Mark Dowding氏が「少なくとも今分かることは、中国経済がハードランディングするリスクは増大しているということ」と指摘したことを紹介、中国は金融緩和が必要な状況だと伝えた

さらに、日本や中国、米国などで同時に株価が急落する世界同時株安が起きていることに対し、中国を中心とした新興国の経済成長の鈍化が世界の投資心理を冷え込ませ、リスクオフの流れをもたらしていると伝えた

中国メディアの財新網によれば中国の8月における製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は好調、不調の節目となる50を下回る47.1となり、製造業の減速を示す数値となった

また、中国の輸出入も減少していることから、Mark Dowding氏は経済構造の転換が実現するまえに景気が冷え込みつつある中国において経済がハードランディングする可能性が高まっていると論じた

参考 サーチナ 2015.08.27

【関連する記事】