中国第3の都市へ飛躍の深セン

今から数えて35年前の中国はまだ閉ざされた、自信のない国だった。当時、ようやく勇気を出して呼べるようになったスローガンの一つが「窓を開けて世界を見る」といったものだったその窓は深センなどの経済特区であった

35年の歳月があっという間に過ぎ去った香港という大木の下にある草のような存在だった深センがいつの間にか、GDPにおいては香港を抜いたニューヨーク、ロンドンと並んで世界三大金融センターの一つと称された香港は、川をひとつ隔てた漁村だった新興都市・深センに大きく引き離されてしまったのだ

深センのこの35年間の変化を確認するために、ここ1年間の中国語メディアの報道をまとめてみることにした。

● 一人あたりGDPが台湾以上 中国全体でも突出した成長率

深センのその変化にいち早く気付いたのは台湾だった

2014年8月、「台湾財訊」というメディアが「深センが台湾を打ち負かす」と題する記事を掲載した。内容は次の通りである。

 深センはこれまでずっと台湾をライバルとしており、「台湾を追い越す」という目標を隠そうともしていない。深センの2013年の一人あたりGDPは2万2000ドルで、台湾を抜いてアジア四小龍と肩を並べた。2000年の1人あたりGDPを見ると、深センはまだ台湾の3分の1に過ぎなかったが、いまや台湾のそれを超えるまで急速に成長してきた。一方、同時期の台湾の成長はスピードは深センの後塵を拝している

2014年9月、「経済観察報」という中国本土のメディアが、2013年、深センが研究開発のために投じたお金がGDPに占める割合は4%に達した、という事実に目を向けた

 通常、この値は現地の科学技術力やコアコンピタンスを反映し、イノベーション型経済国の公認基準は2.5%前後である。世界でこの値が最も高いのはイスラエルで4.4%だが中国の全体的なレベルは2%という現実を考えると、深センの突出ぶりが印象に残る。その蓄積もあり、スマートフォンやITなどの分野で深センの存在感が高まっている

インターネットサイトになると、評論の口調が辛辣になる。

2014年9月、西祠胡同サイトから発信された「上海は左へ、深センは右へ」と題されたトピックが話題となった12年前の深センには上海に移転したいと考える大企業がたくさんあったが、上海では1社も残らなかった

いまの上海には、世界的な企業と評価できるような民間企業は見当たらず、国有企業や外資系ばかりである。それと比べて、経済分野での深センのモデルチェンジは上海より数年早く完了し、その先を走っている

● 広州をすでに抜いたか?  中国第3の都市の評価も

2015年1月7日、フォーブス中文版サイトで次のような記事が掲載された。

「もしあなたがエンジニアで、5日あるいは2週間という期間でものづくりのアイディアを実現したいと思ったときに、どこでなら実現できるか」。アメリカのハードウェア創業集団SPARKの創設者であるクロッキー博士の出した答えは深センだった。

深センならば、半径1キロ以内で自分のアイディアを実現するために必要な原材料を見つけることができ、1週間かからずに“プロトタイプ~製品~小ロット生産”までの全工程を終えられる」と博士は言う

さらに、深センのデジタル分野での優位性は明らかである。製造能力、人材、物流など全てが揃っており、デジタル製品のハードウェア開発業者にとっては非常に魅力的な土地となっている

2015年5月、「経済観察報」では4面を使った深セン特集を掲載した。1面を飾るタイトルはなんと「“北京、上海、深セン、広州”の新順位」というものだった

「深センの価値に改めて気づいた。経済が下降し、環境が悪化しているなか、深センは驚異的なバイタリティを保ち、中国の大都市のなかで一番投資率が低く、環境がよく、負債率が低く、創業環境に優れ、発展モデルが持続可能な都市となっている」と手放しに褒めている。

また、中国の4大都市のうち、「北京、上海、広州、深セン」の順位にも変化が起きている。「上場企業数」を見ると、広州にはつらい数字が出てくる。北京、上海、深センにはそれぞれ200社前後の上場企業(店頭市場と海外上場を除く)があるが、広州は62社だけであり、そもそも桁が違う

● 深セン市民の間でも 我が街の評価は分かれる

このように深センが全面的に広州を追い抜きつつあり、近い将来には「北京、上海、深セン、広州」の順位が当たり前の状態となるかもしれない

国内外メディアからの賛辞に対し、深センは冷静な認識を保っているようだ。

この頃、同市の主要幹部が「市政府関係者にはより一層冷静さを保ち、警戒心を持つことを望む」と警鐘を鳴らすと同時に、次のようにも指摘している。

基礎教育、職業教育、高等教育などは北京や上海に匹敵できず、人材力も北京に負ける。最高ランクの総合病院が10ヵ所あるが、北京、上海、広州には比べられない新しい町なのに、下水道が詰まっている。総合経済競争力ではトップに選ばれているが暮らしやすさや持続可能な競争力では順位は低い

「総合競争力が1番とうぬぼれていれば、5年後には下り坂、10年後にはさらに下、20年後には二流都市に落ちぶれてしまうことも充分にありうることだ

一方、深セン市民の間でも評価は分かれており、深センはよく頑張ったと誇りに思う人も多いが、さらに多いのは生活上の不便さに対する不満や、何を根拠に深センを「中国第三の都市」とするのかという疑問の声である

中国のメディアに載っているこのような報道がなかなか面白い。深センに見られるこのような上昇志向はいまの日本の地方都市にはなかなか求めにくい

参考 ダイアモンド・オンライン 2015.07.09

【関連する記事】