中国産最大の無人機→初飛行に成功

中国中央テレビ(CCTV)は、中国が独自に開発した大型偵察・攻撃一体化無人機「彩虹5号」がこのほど、甘粛省で初飛行に成功したと報じたこの無人機は中国が過去に開発した同種の無人機の2倍以上の大きさで、サイズと離陸重量が世界トップレベルに達した。京華時報が伝えた。

ダウンロード (12)

同機は低中空・長航続時間無人機で、偵察・攻撃任務を遂行できる全機に複合材料を採用。翼幅は20メートルに達し、30時間以上の巡航が可能だ離陸重量は3トンに達し、900キロ程度の設備を搭載できる。これらの指標により、同機は中国の国産無人機の「巨人」となり、世界トップレベルに達した

参考 Record China 2015.09.01

 

【関連する記事】