中国独裁主義による発展→脆い

1947年に英国から独立をして以降、インドは新興民主主義国のちょっとしたシンボル的な存在であり1949年に共産主義独裁政権となった中国とはまったく対照的だった。この2つの国は極端な貧困と低開発、病弊に苦しんだが、1970年代まではインドのモデルの方が優れていると広く主張されたインド国民は自由に自分たちのルールを選ぶことができたからである

一方、中国の経済が急成長したことで、抑圧的な政治システムの方が経済的な発展には有効であるとする反論が出始めた。だが、確かに中国の最近の経済的成果は劇的ではあったが、長期的にはインドのモデルのほうがずっと有効なのではないだろうか

■ ベルの新書で新たな議論が勃発

中国とインドをめぐる議論が大きく変わったのは1978年のことだ。このときの中国はインドに対して経済的に大きく差をつけ、その結果、多くの人々がインドの混沌とした民主主義がその国民の成長の妨げになっていると結論づけた確かに、中国の指導者たちが6車線の高速道路を新たに建設したいと思ったなら、彼らはいくつもの村をブルドーザーで壊すことが容易に出来るインドでは、道路を2車線に広げるにも、国民の反対運動が勃発し、何年も法廷に縛り付けられる可能性がある

この延々と続く議論が、北京の清華大学教授ダニエルA.ベルの新しい著書の出版によりまたも新たな展開を見せている。ベルは中国の独裁政治、特にその「政治の能力主義」が、国家統治の存続可能モデルでありおそらくはインドと西側諸国の民主主義よりずっと優れていると主張する

経済学者で哲学者でもあるアマルティア・センは出版の自由がある民主主義では、政府が飢饉の苦しみを無視できないため、飢饉は生じないと証明したことで広く知られるベルは中国も少なくとも大躍進政策以降は飢饉が防げていること、また栄養失調についてはインドよりも対策が進んでいると指摘する効果的に国民の役に立つためには、政府は民主主義である必要がない、とベルは主張する

つまり、ベルによると能力に基づいて役人の選抜と評価を行っている中国のシステムは、無教育や偏見の勝利を導くことが多い民主主義選挙よりも優れたリーダーを保証する。いくつかの弱点 (特に自己満足と汚職)があるにもかかわらず、中国のシステムは秩序のとれた統治と発展を保証する。意一方、民主主義は必ずしもそうとは限らず、「政治的に意味のある問題は民主主義における選挙において結果が伴うか(票が取れるか)どうかということである」とベルは言う

インドでは40年前にもこの問題が議論された。当時の首相インディラ・ガンディーが非常事態宣言したときのことである。彼女は、民主主義がインドの発展を妨げているという信念に基づき、市民の自由を一時的に剥奪反対派のリーダーを収監し、マスコミを検閲したこの問題は1977年にガンジーを解任して民主主義を復活させた選挙で解決した

だが、「パン対自由」のジレンマはいまだに残っている。つまり、政府が国民の権利と自由を尊重しつつ、経済成長と繁栄をもたらすことができるかどうか、ということである近年のインド政治の機能不全は、この問題が今日いかに重要であるかを物語っている

■ 中国とインドの決定的な違い

私はベルの答えが正しいとは確信していない急速な産業化と発展は、何百万人もの中国人を貧困から救ったかもしれないが、同時に多大な犠牲を伴った猛スピードで成長してきた中国は、その過程で多くの人を傷付けてきた

人々はインドの硬直した官僚政治を中国の効率の良い政治と比べ、外国人投資家のためのインドの赤いテープを中国の赤いカーペットとインドの派閥中心政治を中国共産党の階層型組織と比べたいと思うかもしれない。だが、インドがその多元的民主主義により、自国の多様性にうまく対処できたことは疑う余地がない多元的民主主義はインドの全国民に、国家に強く関係しているという感覚をもたらしている

つまり、インドの民主主義に正当性を与えているのは、上流階級ではなく、貧しく恵まれない国民の大集団であるということだ貧しい人々は結局投票する彼らは選挙に参加することが、政府に自分たちの要求を知らせるもっとも有効な方法だと知っているからである

彼らが政府に不満を感じている場合は、反乱や暴動を始めるよりむしろ、次の選挙でその指導者に反対票を投じる暴力運動が実際に発生した場合は、折衷案による民主主義的プロセスによって暴動を鎮めることが多い。昨日の過激派は今日の州首相になり、明日は反対派のリーダーになることだって可能なのである。

一方で、中国のシステムが根本的難題に直面した場合その唯一の反応は、鎮圧であるそれはこれまでのところうまく機能してきたかもしれないが歴史上どの独裁国家も、鎮圧が秩序と発展の保証にもはや十分ではないことを知っているもし中国が広範囲にわたる国民の不満に直面したなら、どうなるか予想がつかない竜はつまづく可能性があるが、ゾウは左右に揺れながら歩き続ける

さらに、中国の能力主義についてのベルの認識は楽観的すぎるだろう中国のシステムが極めて官僚的で出世の道は徐々にしか上れないことを考えると若くて比較的経験は浅いが行動的で人を奮い立たせる指導者、たとえば米国の大統領バラク・オバマのような指導者の出現は不可能である中国はフランクリンD.ルーズベルトやアブラハム・リンカーンのような若い頃に失敗した才能ある人を指導者に選ぼうとはしないだろう

■ 独裁主義の決定的な弱点

ベルは中国だけでなく、シンガポールと台湾のような独裁体制の成功についても言及しているだがこれらの国々はおそらく、独裁主義でなかったとしても、同程度に成功していただろう成長と発展を促進するために両国の指導者たちが採った手段は、民主主義の原則と一致している東アジアのかつての独裁国家の多くはその経済的発展を妨げることなく、民主主義へ難なく移行した

ベルの見解には単純な観察によって反論できるすなわち、民主主義的な権利を獲得した人々で、独裁政治に戻ることを求める人々はいない民主主義は強みであって弱点ではないことを証明するには、それだけで十分なはずだ

中国のシステムは急速な経済成長を可能にしたかもしれないだが「完全な合意」への依存は、予測可能な環境でしか正常に機能しない。対して、インドのシステムはたった一点のみの合意があれば機能する。すなわち、異議を唱える方法に誰もが合意する限り、必ずしも全員が合意する必要はないのだこのことは変わりやすい世界において、インドに紛れもない、そして価値ある強みを与えている

参考 東洋経済オンライン 2015.07.21

【関連する記事】