中国株価下支え→官民合わせて5兆元規模

中国が株式市場下支えのために打ち出した対策の規模が、官民合わせて5兆元(8052億ドル)相当に上ったことがロイターの分析で分かった。ただ、効果は今のところ限定的となっている

中国の2014年国内総生産(GDP)のほぼ1割にあたる規模で世界的な金融危機を受けて中国が当時打ち出した景気刺激策の規模(4兆元)よりも大きい

しかし、効果を現時点で計算してみると、上海総合指数<.SSEC>を約1ポイント押し上げるのに10億ドル相当かかったことになる

方正証券(北京)のアナリスト、楊為コウ氏は「私は株価下支え策にかなり否定的だ」と指摘。「問題なのはこれらの措置がファンダメンタルズを変化させるのではなく、需給を変化させただけということであり、市場の安定は一時的なものにすぎないだろう政府が手を引けば、株価はファンダメンタルズを反映して再び下落するのではないか」と述べた

実際、6─7月の下落にもかかわらず、中国株は依然として割高となっている

参考 ロイター 2015.07.23

【関連する記事】