中国最大の巡視船→尖閣周辺で

中国最大の巡視船「海警2901」が、浙江省舟山の中国海警局の港湾に係留されていることが5日、分かった。

8月末に東シナ海を管轄する同局東海分局に配属された模様だ。沖縄県・尖閣諸島周辺に長期航行が可能な大型船を航行させ、「主権」を誇示する狙いとみられる

海警2901」は、中国が初めて建造した排水量1万トン級の巡視船。中国メディアによると、口径76ミリの機関砲を船の前部に据え付け、口径30ミリの機関砲も左右に1基ずつ備えるヘリコプターの発着が可能で、今後、船員の訓練を経て運用を始めるとみられる

中国海警局が同省温州に建設を計画する新基地には、尖閣諸島周辺に公船を送り込むため、1万トン級の停泊スペースが設置されるとの情報がある1万トン級はほかにも建造が進められ、南シナ海にも投入される見通しだ

参考 読売新聞 2015.09.06

【関連する記事】