中国最多3万人超→タックスヘイブン利用者

「パナマ文書」など「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)が公開したタックスヘイブン(租税回避地)に関連する法人のデータベースのうち株主ら法人関係者を地域別に分類すると中国が約3万3千で最も多かった

中国は国内の資本規制が厳しく、国家の手が及びづらいタックスヘイブンを利用する富裕層らが増えていると言われる。パナマ文書でも習近平(シーチンピン)国家主席らの親族が株主に名を連ねていたことがICIJによる取材で明らかになっている

ICIJはこれまでに、シンガポールなどの法人設立サービス会社が作成した約10万法人の情報のデータベースを公開している。パナマ文書の約21万4千の法人の情報はそれに追加する形で公表された。

朝日新聞デジタル2016.05.12

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】