中国政府→「爆買い」あえて止めない?

南シナ海の埋め立て、国際金融機関AIIB(アジアインフラ投資銀行)の設立と大国の自信がみなぎる習近平政権。ただ、どうも粗暴さが目立つ。そんな中国と日本が今、接近しているのは、なぜなのか

日中関係に、ささやかな曙光が差し込んでいる。自民党を代表する中国通の二階俊博総務会長は、5月に3千人の大訪中団を連れて北京を訪問。人民大会堂での夕食会で、予告なしに習氏が姿を現し、二階氏と手を取り合った。

二階氏の手には習氏に宛てた安倍首相の親書が握られていた。二階氏は帰国後、安倍首相に会談の内容を報告。すると、それから数日後、香港・フェニックステレビ東京支局長の李ミャオ(※)(リミャオ)さんの携帯電話が鳴った

「総理がインタビューを受けます」

官邸の広報担当からだった。中国系メディアから安倍首相が直接の取材を受けるのは、第2次安倍政権では初めてだ。どういう風の吹き回しなのか──。

李さんがもっと驚いたのは、首相の受け答えだった。安全保障関連法案のことを質問しているのに、どんどん歴史認識や日中関係について話し始めたというつまり、その話をしたかったのである。そして、口から飛び出したのは、これまで語ってきた中国脅威論ではなく、なんと日中友好論だった

70年前、日本は二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないと不戦の誓いをした。この先もずっと変わることはない
痛切な反省の中から日本は世界の平和と発展、特にアジアの国々の発展のために力を尽くさなければならない

李さんによると、中国で対中強硬派のレッテルを貼られている安倍首相の意外な「親中ぶり」は、中国内で大きな話題になったという

まるで2人の安倍晋三がいるようだ。一人は安保法案を推し進める安倍、もう一人はフェニックスの取材を受ける安倍、どっちが本物なのか。こんな意見も出るほど、中国内では驚きをもって安倍首相の変貌が受け止められました」(李さん)

習近平と安倍晋三天敵のように思えた2人が、間接的にではあるが、なにやらキャッチボールを始めたようにも見える

日中関係に詳しい東洋学園大学の朱建栄教授は、中国の変化には対米関係の変化が影響していると見る

南シナ海、AIIBなどの問題で、中国が当面戦うべき相手が米国であることがはっきりしてきたので日本を抱き込む必要が生じたということでしょう中国にとって、日本の戦略的な位置づけが変わったのです

朱さんは「爆買い」の勢いが広がっているところにも注目する中国政府は、あたかも水道の蛇口を開け閉めするように、海外旅行者の総量を政治的に管理できるので、爆買いの背後に中国の対日政策の変更が浮かび上がるというのだ。

止めようと思えば止められるのに、あえて止めない日本の進んだ生活文化を見せることは、中国社会が日本の戦後を肯定することにつながる。それは、人件費が年間10%も上昇するなかで経済の構造転換が必要になったから、日本モデルに学びたいということでしょう

参考 AERA 2015年7月27日号より抜粋

【関連する記事】