中国共産党→構造改革優先

中国の足元の景気は投資家の期待通りには回復していないようだ。4月の月次統計を整理すればおよそ以下の通りである。

・鉱工業生産は6.0%増で、前月と比べ0.8ポイント悪化、市場コンセンサスを0.5ポイント下回った。
・累計の固定資産投資は10.5%増で、前月累計と比べ0.2ポイント悪化、市場コンセンサスを0.4ポイント下回った。
・小売売上高は10.1%増で、前月と比べ0.4ポイント悪化、市場コンセンサスを0.4ポイント下回った。
・輸出は1.8%減で、前月と比べ13.3ポイント悪化、市場コンセンサスを1.7ポイント下回った。また、輸入は10.9%減で、前月と比べ3.3ポイント悪化、市場コンセンサスを5.9ポイント下回った。
・4月末のM2は12.8%増で前月末と比べ0.6ポイント下落、市場コンセンサスを0.7ポイント下回った。また、人民元新規貸出純増額は5556億元で、前年同月を1523億元下回り、また、市場コンセンサスを3444億元下回った。
・一方、累計の全国不動産開発投資は7.2%増で、前月累計と比べ1.0ポイント改善した

並べてみるとよくわかるが、不動産投資を除き、すべての指標が前月と比べ悪化しており、また、エコノミストたちの予想を下回っている。問題は、こうした景気の下振れに対して、共産党は景気低迷を容認し、ひたすら供給側改革を進める方針を示していることである

共産党の機関紙である人民日報は5月9日、“権威筋による中国経済に関する発言”を掲載した。発言は5つの質問に答える内容となっている。その質問は以下の通りである。

(1)経済情勢をどう見るのか
(2)マクロコントロールはどのように行なうのか
(3)供給側改革はどのように推し進めるのか
(4)“期待”の管理をどのように行なうのか
(5)経済リスクをどのように防ぐのか

(1)について、「総合的に判断すれば、景気のV字回復はおろか、U字回復も不可能である。L字回復となるだろう。このL字も一過性ではない。1~2年で脱することのできる状況ではない」などと説明している。

(2)について、「現在から今後しばらくの間は供給側に主な矛盾が存在し、供給側の構造性改革を強化しなければならない。需要側については投資拡大を適切な度合いに保ち、過熱させてはならない。高いレバレッジは大きなリスクを伴う。上手くコントロールしなければ、金融危機を招いてしまう」などとしている。

さらに、「株式市場、為替市場、不動産市場に関する取るべき政策は、はっきりしている。自分たちの機能、位置付けに立ち返り、自律的な発展規律を尊重し、簡単に成長手段を用いるわけにはいかない」などと説明している。つまり、現在行なわれている株式市場の下支えに対して、否定的な見解を示している

(3)について、「供給側構造性改革は今後しばらくの間、中国経済運営の“主線”であり、長期的に見れば“中進国の罠”を乗り越えるための“生命線”ともいえる」と説明している。つまり、政策の中で供給側改革が最重視されるということだ

ところで、権威筋とは誰だろうか?

習近平国家主席は16日、中央財経領導小組第13次会議を召集、「供給側構造性改革を推し進めることは、世界経済情勢や中国経済が新常態の中で発展を遂げるために重大な政策であると判断している各地区、各部門は思想、行動を統一させ党中央の決定に従い、“三去一降一補(過剰設備、過剰在庫、高レバレッジを取り去り、コストを引き下げ、弱点を補う)”を推し進めることを重点とし、過去の負の遺産が重いから待ってくれとか、困難が多いから行なわないとか、リスクが大きいから避けるとか、伴う痛みがあるから進めないとかいった理由は認められず、必ず勝ち取るといった信念を持ち、どんなことがあってもこの業務を断固として進めなければならない」などと述べている

これは、前述の権威筋の発言を一部補足するような内容である。権威筋が習近平国家主席に極めて近い筋であるとすれば、これら全ての内容が非常に重要なものとなる

今年の中国経済は表面的な成長率は市場が予想する以上に厳しいものとなるかもしれない。もちろん、長期的に見れば、構造改革を進めることは正しいことであろう。しかし、足元の景気を気にしがちな金融市場においては少々残念なことである

文■TS・チャイナ・リサーチ 田代尚機

マネーポストWEB2016.05.21

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】