中国企業の債務負担→拡大

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は16日発表した報告書で、中国経済の減速に伴い、世界最大の規模にある中国の企業債務の状況が引き続き悪化し、債務不履行(デフォルト)が増加する見通しだと述べた

S&Pは、最近の中国株式市場の混乱で政府が介入したことを指摘する一方、国有企業の場合は政府の支援を受ける可能性があるがその範囲や有効性は不透明だとした

中国政府主導の独自の資本主義のもとで(国有企業を含む)企業の債務は政府以上に膨らんでいる」とし、企業の債務負担が政府の8倍に達することを指摘した

中国の企業債務は2013年の国内総生産(GDP)比120%から2014年は同160%の16兆1000億ドルに拡大米国の2倍の規模に達した債務がGDP伸び率を上回るペースで増えれば、さらなる悪化が予想される

2019年には28兆5000億ドルに達する見通し。そうなれば金融市場の不安定化につながりかねない

S&Pは「急速な債務の拡大、リスクや価格の不透明さ(銀行融資が主な供給源であることが一因)対GDP債務比率の高さ、モラルハザードの問題が、中国市場の信用リスクを高めている」とし、信用伸び率は依然として大半の国々より高水準だと述べた

参考 ロイター 2015.07.16

【関連する記事】