中国代表団は「無礼」→英女王

昨年10月の習近平中国国家主席による英国公式訪問に同行した中国代表団メンバーの振る舞いについて、エリザベス英女王が「非常に無礼だ」と述べていたことが、11日までに明らかになった

英王室メンバーは公の場で政治・外交に関してコメントをしないのが原則で、女王の「率直」な発言が物議を醸している

問題の発言が飛び出したのは、10日にバッキンガム宮殿で開かれたガーデンパーティーの席。紹介された招待客の警察幹部の女性が、習主席訪問時に警備を担当していたと知った女王は、「不運だったわね」とコメントした。さらに、中国側メンバーが英側との打ち合わせの際、何らかの理由で「訪問を打ち切る」と言って退席したエピソードを聞かされ、女王は「非常に無礼だ」と返答した

会話の内容は、パーティーの模様を記録した映像に残されていた。女王が「無礼」と評した代表団メンバーが具体的に誰を指すかは不明。

報道を受け、王室報道官は「女王の私的会話にについてコメントしない」とした上で、「(習主席の)公式訪問は成功だった。双方の当事者は事が円滑に進むよう緊密に協力した」と強調した

時事通信2016.05.11

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】