中国人の過半数→地下鉄やバスで痴漢被害

中国の公共交通機関で痴漢被害に遭ったことがある人は、過半数に上ることが分かった。25日付で中国青年報が伝えた。

中国青年報社会調査センターが調査サイト「民意中国網」と「問巻網」を通じ、1899人を対象にアンケート調査を実施した。その結果、路線バスや地下鉄で痴漢被害に遭ったことがある人は53.4%に上った。うち51.7%が周囲の助けは得られなかったと答えた

痴漢被害の回数は、「1~2回」が39.8%、「3~6回」が10.7%、「7~10回」が1.7%、「10回以上」も1.2%に上った。

参考 FOCUS ASIA.COM 2015.06.25

【関連する記事】