中国人の知らないニッポン事情

中国のオンラインメディア・爪游控は「あなたの知らない日本事情(2015年)」として、日本家族計画協会や世界保健機関(WHO)、厚生労働省、日経HR、読売新聞などをソースに、日本の9項目の現状を紹介している。

(1)長寿大国
日本人の平均寿命は84.6歳で、世界一。WHOは「発達した医療保険システムや優れた衛生習慣、十分な環境対策によるもの」としている。

(2)祖国愛
日本人の83.5%が「また日本人に生まれたい」と考えている。しかし、建国記念日が何月何日か知っている人は2割以下にとどまっており、中国とは事情が異なる。

(3)成人文化大国
多くの成人向けビデオが作られている国であり、日本人は性的関心が満たされていると見られがちだが、日本家族計画協会の調べでは既婚者の45%が性に関心を持っていないとの結果もある

(4)都市と農村
現代中国の若者はとにかく都会へ出たがる傾向が強いが日本の若者は地方や農村で生活したがる人の割合が多く、4割を占める

(5)ネット大国
2014年6月から「ギガビット」対応の光通信がスタートし、費用はそのままで、より高速の通信回線が利用できるようになった

(6)ネットと紙媒体
日本は世界的にもネット回線の最も速い国のひとつだが、読売新聞の調べでは「紙媒体の新聞は必要」だと考える日本人は89%に上る

(7)少子高齢化
2014年末の時点で、日本は世界で最も少子化の深刻な国とされ、対策が急務となっている。人口減少率の高い島根県のある町では対策として、25年住めば土地・家屋を無償譲渡する政策を打ち出した。

(8)大学ランキング
日経HRの調べでは、各大学卒業生のコミュニケーション力や思考力、創造力、学習能力などに関する評価で、京都大学が総合得点1位となり、アジア全域で最高とされる東京大学は20位にも入れなかった日本にも勉強はできても能力の低い人がいるようだ

(9)犯罪の少なさ
日本ではドアをロックしないで寝る人は少なくない日本家族計画協会の調べでは、夜に寝るときドアを施錠しない人は64.3%に上り、農村部では89.1%と高い割合となっている

参考 record China 2015.04.06

 

【関連する記事】