中国人の人気海外旅行先→日本が首位に

中国の旅行サイト、シートリップによると今年の端午節連休(20日~22日)に中国人観光客が最も行きたい海外旅行先を調査したところ、日本が初めて首位を獲得した。23日付で新民網が伝えた。

日本が昨年の3位から一気に首位に浮上した個人旅行、ツアーともに昨年の端午節連休の3倍に達し、韓国など定番の人気国を抜き去った日本政府観光局(JNTO)の統計によると、昨年の訪日中国人客数は241万人に上り、歴代最高となった。13年と比べて8倍近くの増加。他の渡航先と比べ、中国人観光客の消費額も最高で、1人あたり1万2000元に達した

今年も引き続き大幅増になる見込みで、5月の訪日中国本土客は前年同期比1.3倍の38万7200人に達した中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの影響で、韓国行きの予約をキャンセルし、行き先を日本に変更した人も少なくないという

参考 FOCUS ASIA.COM 2015.06.24

 

【関連する記事】