中国人の人気旅行先→韓国を抜いてトップ

中国メディアの法制晩報が、今年の中国人の人気海外旅行先がこれまでの韓国から日本がトップになったと伝えた

法制晩報は中国の大手旅行会社のデータによると、今年の国慶節休暇での人気の海外旅行先トップ10は、日本、韓国、タイ、香港、台湾、米国、シンガポール、インドネシア、モルディブ、イタリアの順で、日本が初めて韓国を超えて1位になったと伝えた

このニュースに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本に行く人は中国人と呼ぶにふさわしくない」
「日本に行く人たちは中国に戻って来ないでほしい」
「中国の売国奴は世界一。これは変えられない事実」

「戦争になったらどれだけの売国奴が出るかが一目瞭然だな」
日本製品不買を叫んでいた人たちはどこに行ってしまったのだろう
「日本人は中国人のことを見下しているのに、中国人はもう少し気概を持てないのだろうか」

「なぜ日中関係が悪いのに日本に行くんだ?日本メディアにマナーが悪いとののしられるだけなんだぞ?
「他にも行けるところはたくさんあるのに、なぜ日本に行くのだ?少しの気骨もないのか?」

「この機に乗じてたくさんのスパイを日本に送り込んで、中国人を見たら日本人が怖がるようになれば、状況は変わるかもしれない」
毛沢東時代は反日ではなかったここ数年、民族感情をあおって盲目的に反日になっている恨みは世界平和の役には立たないのに

参考 Record China  2015.10.02

 

【関連する記事】