中国人と海外企業の脱出が本格化

かつての「世界の工場」も見る影がなくなる勢いで、日本を含めた海外企業の中国離れが加速中だがなんと当の中国人がその「脱・中国」に手を貸している実態がみえてきた

大手はともかく、現地で工場を持っている中小企業に対して、カンボジアやベトナムへの移転を仲介する中国人ブローカーが続出しています

こう明かすのは現在まで12年間、中国に滞在している日本人商社マンだ。

脱中国プランが持ち上がった企業に、移転先の仲介をしているんです新たな移転先の用地だけでなく、現地で雇用する労働者の確保なども手配するので、日本企業に受けがいいのです仲介者を務める中国人は、自身が脱中国を目指している場合がほとんどです

いま中国の成功者にとって、カナダやオーストラリアに移住するのが理想モデルとなっていますが、国による個人資産への監視が厳しいので、地下銀行を通じた海外送金も当たり前仲介に手を染める人々は、各国のチャイナタウンにいる遠い親戚などの仲間に協力してもらう海外ルートに強く、その手のノウハウを持っているのです企業の移転に際してはその手数料だけでなく、土地の売買にも絡んで荒稼ぎするブローカーもいます

 移転先は主にベトナムやカンボジアだが需要が多いことから縄張り争いも勃発一定の区域の土地を先に買い占めてしまう、大掛かりなブローカーも現れているという

このほかで今、人気が上がりそうなのは、マレーシアの南にあるジョホールバルとインドネシアの西パプアジョホールバルはシンガポールに隣接していることもあって、新築マンションが建設ラッシュ中日本人移住者も多いので、企業役員に別荘の購入まで斡旋する貪欲な営業が行なわれており、景気の良い企業がターゲットとなっています逆に西パプアはインドネシア本土にいる貧困者の移転政策がとられているので、低賃金の工場建設を目指すコスト重視の企業向けです

●背景には従来からの不満も

カルビーやパナソニック、エスビー食品、サントリー、ユニクロ(ファーストリテイリング)をはじめ、日本企業は相次いで中国生産拠点を縮小・撤退させている。その大きな要因の一つは、中国の経済発展による賃金上昇で「安い人件費」というメリットが失われつつある点だが、前出商社マンは「もともと中国に進出している日本企業は、『反日的な動きにいちいち振り回される』『従業員のマナーが悪い』といった不満を抱えていた」と明かす

現在、中国では海外移住希望者が後を絶たず、子どもを海外留学させた後に不動産を購入して家族ごと移り住むパターンが、国外脱出策として定番化しているそれだけに「中国脱出指南のエキスパート」も、ほかならぬ中国人だったりするようだ。(文=片岡亮)

参考 Business Journal   2016.01.19

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】