中国人が豪州で買った不動産→放置

オーストラリア華字紙・新快報は過去2年間に中国人が購入した、約4000戸の新築物件の多くが放置されていると報じた。中国新聞網が伝えた。

さらに、豪紙・オーストラリアンは経済学者の予測を紹介し、今後5年で中国人が購入し放置される不動産はさらに1万戸増加すると報道した

オーストラリアで不動産を購入した中国人は、将来移住する際の住まいとしたり、子どもの留学の際の住居としたり、さらにビジネスでオーストラリアに訪れた際の宿泊先、投資目的などとさまざまな理由があるが、多くはそのまま放置にしているのが現状だ

こうした放置された家に現地の住民からは、「草がぼうぼうに生え、管理する人がいない。これでは不動産価格はむしろ下落すると思う」「2年前から放置された家が増加している。同じ通りに同じような家が何軒もある」「放置された家の中で何が起きているのか、家主は把握していない。この状況が安全とは思えない」と不満や怒りの声も聞かれている

参考 Record China 2015.07.15

 

【関連する記事】