中国人が学びたい日本人の8つの長所

中国メディア・爪游控は「中国人が学ばなければならない日本人の8つの長所」と題した記事を掲載した

1、真面目さ
日本人の真面目さは時として変態と思える程度に達しており、中国人とは比べものにならない。科学や研究などの分野でも、日本人の真面目さによって、ノーベル賞獲得に結びついた。デジタル製品やレンズ関連製品などの精密機器分野においては、何事にも真面目に取り組むその態度故に世界をリードしている。

日本:真面目
中国:適当

2、清潔さ
日本人は清潔を好み、その程度は潔癖症に達するほどで、世界でも有名だ。日本を訪れた際に、時代遅れだったり、洗練されていない場所は簡単に見つかるが、汚れきったままで放置されている場所を見つけるのは難しい。トイレで悪臭に悩まされることも少ない。

日本:清潔で、整理整頓が行き届いている
中国:衛生面については、まだまだ強化が必要

3、誠実さ
中国では落とし物を猫ばばしなかったことを大々的に宣伝するが、日本では逆に、猫ばばしたことがニュースになる。日本人の誠実さは世界で1、2を争うほどである。

日本:誠実第一
中国:利益第一

4、他人に迷惑をかけない
日本人は子供の頃から「他人に迷惑をかけることは良くないこと」という教育を受けているが、中国ではこうした分野の教育が欠けている。中国では他人に迷惑をかけるのは悪いことでなく、自分の不注意が原因で他人を不愉快にさせてしまっただけと考える傾向が強い。

日本:他人に迷惑をかけない
中国:他人に迷惑をかけているという意識がない

5、集団主義
日本人は、命令に従ったり、協力する能力に長けている。日本人が他人と歩調を上手く合わせることの長所は管理しやすいことだが、短所は一旦邪悪な勢力に掌握されてしまうと安易に従ってしまうこと。第二次世界大戦の侵略戦争はその典型的な例である。

日本:団体での協力を重視する
中国:自分が一番

6、開放的で、よく学ぶ
日本は島国であり、外来の事柄を積極的に受け入れてきた。古代に中国や西洋から入ってきた物事をアレンジして取り入れてきた。明治維新が最も顕著な例である。一方、中国は昔も今もさまざまな影響を恐れ、表面的なことだけを学ぶなど、つまらない見栄を張ることが多い。

日本:開放的で、よく吸収する
中国:根拠のない自信

7、秩序を守る
行列で、きちんと並んでいるのは多くが日本人で、バラバラに行動し、文句を言っているのは恐らく中国人である。割り込みに関しては、中国人の方が間違いなく上手い。

日本:秩序を守る
中国:紀律性に欠ける

8、礼儀正しい
中国が礼儀の国と言われたのも今は昔日本の礼儀正しさを説明するために、私は「日本では犯人が脅迫電話を掛ける際にも相手に対して敬語を使う」と冗談めかして話すほどだ

日本:礼儀を重んじる
中国:礼儀の国は過去のこと

参考 Record China  2015.04.11

 

【関連する記事】