中国・韓国系住民→安倍首相に抗議デモ

米カリフォルニア州サンフランシスコ市で28日、米国を訪問中の安倍晋三首相に対して、中国・韓国系住民らによる抗議デモが行われたと報じた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

AP通信の報道によると、サンフランシスコ市の日本総領事館前で28日、米国を訪問中の安倍晋三首相に対して、約200人の中国・韓国系住民らによる抗議デモが行われた。参加者は、慰安婦問題など、第二次世界大戦で日本がアジア諸国に対して行ったことについて、安倍首相が謝罪すべきだと求めているという。安倍首相は30日にサンフランシスコを訪れた後、5月1日にロサンゼルスを訪問する予定。

この報道に、米国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

「訪問先にサンフランシスコを選んだのは良くないよ。常軌を逸したリベラル左派と中国系住民の数がとても多いからね

アメリカはベトナムにおける戦争の罪について謝罪すべき時だ

「抗議デモについて理解はできる。でも日本はアメリカの同盟国だし、安倍首相は第二次世界大戦の時には生まれていなかっただからあまり憎しみに満ちたことにならない方がいいと思う

「サンフランシスコで抗議デモに参加している人たちのほとんどはトヨタのプリウスに乗っているはずだ。なんという偽善者たちだ」

「デモの参加者たちのうち何人がホンダや日産の車に乗って現地に来たんだろうね

もう終わったことだよ。そこから立ち直るべきだ

大声でわめいているが、もうこの話はやめた方がいい。原爆の犠牲になったのはどこの国だ?

残念なことに、ある国の過ちによって別の国が被害を受けるということは、どこでも起こっていることだ。歴史を見てみればいい

参考 Record China 2015.04.30

 

【関連する記事】