中国・インドの富裕層人口拡大

コンサルティング企業キャップジェミニとカナダロイヤル銀行系証券会社RBCウェルス・マネジメントは9月15日、富裕層マーケット調査結果をまとめた「アジア・パシフィック・ウェルス・レポート2015」を連名で発表した

同レポートでは、富裕層の該当する人の定義を可投資資産100万米ドル(日本円換算:約1億2000万円)と定義している昨年(2014年)のアジア・パシフィック地区の富裕層にあたる人の数が前年比8%増となる470万人に達し、北米地区(468万人)を上回った

域内の主な国・地域別を人数順でみると、日本が5.4%増の245.2万人中国(本土)が17.5%増の89.0万人オーストラリアが3.5%増の22.6万人インドが26.3%増の19.8万人韓国が6.8%増の18.9万人香港が11.2%増の13.8万人台湾が11.8%増の12.5万人シンガポールが2.2%10.7万人と続く日本が他を大きく引き離してトップの座にあるが、インド、中国の富裕層人口が拡大ペースが他を圧倒している

なお、アジア・パシフィック地域の富裕層の保有する財産の総額は11.4%の15.8兆米ドル(約1896兆円)となったが、北米の16.2兆米ドル(約1944兆円)には及ばなかった

参考 マカオ新聞 2015.09.16

【関連する記事】