中国ヘッジファンドに逃げ場なし

(ブルームバーグ):中国のヘッジファンドの雲行きはさらに怪しくなりつつある

ハウバイ・インベストメント・マネジメントによれば中国のヘッジファンド業界は専門知識に乏しく相場下落から身を守る手段も不十分なため、5兆ドル(約600兆円)の時価総額が消失した中国株式相場の急落で1300本近いファンドが清算同様の数のファンドが危険にさらされる可能性があるという現在は空売りや他のヘッジ戦略への政府の締め付けが厳しいため、弱気相場での成功は難しくなっている

相場急落と規制当局の対応は修復に何年も必要になりそうな業界のひび割れを露呈した。国内ヘッジファンドにとって最大の壊滅的打撃となったのは、ボラティリティ(変動性)を抑制し大きな損失を回避する上で重要な手段である株価指数先物取引に対して中国政府が導入した新たな規制だ

交銀国際の洪灝ストラテジスト(香港在勤)はインタビューで新規制について、「中国国内ヘッジファンドにとって少なくとも一時的には、終わりを告げるものだ」と述べた

中国株式相場の大幅上昇とそこから利益を得ようとする富裕層や小規模機関の投資を背景に、中国のヘッジファンド産業は急成長してきた。中国証券監督管理委員会(証監会)によると、中国版ヘッジファンドに当たる私募証券ファンドの数は年初から2倍強に拡大。ピークは8月末時点の1万1159本で、運用資産合計は1兆6200億人民元(約31兆円個人投資家のヘッジファンド投資には500万元以上の資産保有が義務付けられており、機関投資家は少なくとも1000万元の資産を有する必要がある

参考 Bloomberg  2015.09.16

【関連する記事】