中国アップル製品工場→劣悪条件変わらず

中国・上海(Shanghai)にある米アップル(Apple)の下請け工場で働く従業員らはトコジラミがはいまわる、かびだらけの社員寮にすし詰め状態で住まわされているとする報告書が22日、中国の労働権利団体「中国労工観察(チャイナ・レイバー・ウオッチ、China Labor Watch)」により発表された

同団体による潜入調査が行われたのは、台湾系企業ペガトロン(Pegatron)が上海で運営する工場。今回の報告は、アップルの下請け企業の施設における劣悪な条件を指摘した一連の報告の中で最新のもの。「低賃金、長時間労働、無償労働、職場の安全の乏しさ、劣悪な生活環境などが根強く存在し、法的、倫理的な労働権の侵害がみられる」と指摘している

アップルは同社製品の製造を行う下請け企業の労働条件の改善を約束しているが、今回と同じペガトロン・グループが運営する中国の3工場に関する2013年の報告以降現在も問題が続いていることが今回明らかになった

報告書によれば、残業手当の支給がなければ、従業員らは現地の最低賃金に相当する月給318ドル(約3万8000円)、時給にして約1.85ドル(約220円)の給与しか得られず生活賃金に届かない長時間シフトを終えた後はシャトルバスに乗り、片道30分かかる寮へ戻る寮は壁一面がかびに覆われ、トコジラミがはいまわる部屋を最大14人で共有しているという

また水銀やヒ素など多数の有害物質が工場で使用されていることから、健康問題や安全性が最大の懸念であるにもかかわらず「製造過程で使用されるこれらの物質の保管場所や、接触から身を守る方法などについては、従業員に何も知らされていない」と指摘されている

報告では、訓練不足や安全装置の不備など計23件の違反が挙げられている。アップルは今回の報告について、談話を発表していない。

参考  AFPBB News 2015.10.23

【関連する記事】