中国の薬物使用者→1400万人

京華時報によると、中国で警察の摘発などにより当局が把握している薬物使用者は295万人だが、実際には1400万人以上に上るとみられる

国際麻薬乱用撲滅デーにあたる6月26日を前に、中国・北京で23日、関連フォーラムが開かれた。

中国国家禁毒(麻薬禁止)委員会副主任で、公安部部長補佐の劉躍進(リウ・ヤオジン)氏は、「中国全土の薬物使用者は実際には1400万人以上いるとみられる。国民100人に1人の割合だ」と述べた

中国で警察の摘発などにより当局が把握している薬物使用者は、昨年末までの累計で295万5000人に上る。08年から6.5倍、年平均40%増えている

統計によると、薬物使用者のうち、35歳以下が全体の79.2%を占め、平均年齢は28歳だ

参考 Record China 2015.06.25

 

【関連する記事】