中国の若者の間で広がる→知日とは?

今月3日、中国では、日本との戦争勝利を記念する大規模な軍事パレードを行われた“抗日”の宣伝を強める一方で中国では、今、「日本のことを深く知ろう」という若者たちの動きも広がっている。その背景を原田敦史記者が取材した。

【抗日をアピールする中国】
今年7月、中国政府が外国メディアを招いて行った取材ツアー。案内するのは、軍服姿の係員だ。

案内役の女性「いいですか、皆さん。これは八路軍(人民解放軍)が使っていた3つのエリアです」

この場所、人民解放軍の前身である“八路軍”と旧日本軍との戦いをテーマにした娯楽施設我々の昼食場所として指定されている場所なのだが、当時の様子が再現されていて、銃の模型なども置かれている“帝国主義による中国の侵略に反対する”という標語が書かれている参加した日本やイギリスなど約40人の記者らは「打倒日本」などの標語に囲まれて昼食をとった。7月以降、中国政府は外国のメディアや外交官に向けこうしたツアーを何度も実施。今月3日には、外国の首脳らを招いて“抗日戦争勝利を記念”するとして、初めて軍事パレードを行い、戦勝国の立場をアピールしたしかし、中国では政府の宣伝とは異なる形で、今の日本を深く知ろうという動きが広がっている

中国で人気の雑誌『知日』とは?
先月、上海で行われた本の見本市。会場で若者たちが熱心に見ている雑誌があった『知日』といって、日本文化を紹介する雑誌で、今、中国で人気を集めている。熱心にページをめくり、何冊も購入する人の姿も―

『知日』とはどのような雑誌なのか、編集長の蘇静さんが取材に応じてくれた。

蘇さん「これが我々が出版した『知日』です。毎号、テーマが違います」

2011年に創刊し、テーマは“武士道”や“暴走族”など多岐にわたる。“日本人に礼儀を学べ”という特集では、正しい名刺の渡し方や、神社のお参りの仕方まで細かく説明多いときには10万冊以上売れる人気ぶりだ。この日、行われた次回の内容についての会議。実は編集長の蘇さん、日本語がわからないため、日本語ができる編集者が具体的に調べて提案する。次のテーマは“お笑い”。

女性編集者「“大喜利”は一種のゲームで、司会者が問題を出し、回答が良かった人が座布団をもらえるんです」

1人の編集者は『笑点』などのいくつかのテレビ番組をまとめて紹介したいと提案。

すると、蘇さんは、

蘇さん「この番組(笑点)を見ると、衣装も伝統的で、クリエーティブな内容だ。だから、この番組を単独で扱うべきだと思う」

広く浅い内容ではなく、1つの内容に絞り、より詳しい記事にするようアドバイス。政治的な話題を扱わず、ごく普通の日本の文化を徹底的に掘り下げるのが人気の秘密だ

蘇さん「日本を一つの角度から描くことによって、日本の問題を通じて、私たち、中国の問題を映し出すことができる

日中両国がより良い関係を築くには…
北京でアパレル関係の仕事をする張悦さんも『知日』ファンの1人。日本の音楽が大好きだという。部屋には“MISIA”や“中島美嘉”のCDもあった。張さんに、中国政府の“抗日宣伝”が増えていることについて聞いてみると

張さん「政治に関心がない人にとっては、深く感じるものはないです」「時間がたつにつれて、みんなの日本の対する認識は、どんどん真実に近づいています

日本に興味を持つ若者が増えている背景。蘇さんとともに『知日』を創刊した作家の毛丹青さん。

毛さん「日中関係がこじれていって、緊張感が高まっていくうちに、日本を知りたくなる意欲が爆発的に増えてきた

むしろ、毛さんは今、中国の姿を知ろうとしない日本の若者が多いことを心配している

毛さん「これだけの中国の若者が日本のことを、奥深くまで知ろうとしている姿を、ぜひ日本人学生に見てほしい

過小にも、過大にも評価せず、まずは互いの真の姿を“よく知る”ということこのスタンスはより良い隣国関係の築くヒントなのかもしれない

参考 日本テレビ系 NNN 2015.09.25

【関連する記事】