中国の機械工業→予想以上の落ち込み

中国機械工業聯合会(中機聯)は今年の業界環境が予想以上に厳しく、第2四半期はなお底を探っていると明らかにした今年後半は回復が見込まれ、1年の成長率は前年を下回るものの、7~8%を維持できるとの見通しだ。6月2日、中国証券報が伝えた

中機聯関係者によると、生産設備過剰、需要不振、固定コスト増などで、機械工業の各種指標は弱含んでいる。第1四半期の機械工業大手企業の利益成長率はわずか1.42%だった

1~4月の機械工業付加価値増加率は5.8%で、1~3月から0.5ポイント低下しただけでなく、前年同期を5.7ポイント下回った。

特に中低価格品の生産設備過剰が深刻で、過当競争となっている。建設機械業界では、生産停止に追い込まれている企業も多い受注低迷はしばらく続きそうで、重点企業の受注も前年同期から9.24%下落した。第1四半期の企業の未回収債権は前年同期比6.63%増の3兆2800億元で、主事業売上高の41.99%を占めており、企業のキャッシュフローへの悪影響は避けられない

中機聯関係者は「今年第1四半期の落ち込みは予想以上だった。第2四半期も底を探ることとなるが、後半には回復するだろう」と述べた。

参考 FOCUS ASIA 2015.06.03

 

【関連する記事】