中国の格差→世界最悪級

多維網は中国の格差拡大を解き明かした米大学の報告書を取り上げた。

米ミシガン大学の研究報告書によると、中国の貧富の格差が世界最悪級であることが明らかになった

中国の5大学が作成した6つの調査からジニ係数を算出したところ、2010年時点で0.55との結果が得られた米国の0.45を大きく上回る数値となった

1980年時点で中国のジニ係数は0.3だった

改革開放からの30年間、急成長の代償として格差が急速に悪化したことがうかがえる

参考 Record China 2014.05.05

 

【関連する記事】