中国の強引な行動が青い海を荒している

 2013年12月以降、中国は南シナ海の島々において1200ヘクタール以上を埋め立てた。この活動の大部分は、ベトナム、マレーシア、フィリピン間の海域にある南沙諸島で行われており、この3国は、中国や台湾、ブルネイとともに、この地域の領有権を主張しているのである

このプロジェクトが環境にほとんど壊滅的な影響を与えていることは、あまり議論されてこなかった。中国の行動は、海洋生物の多様性に脅威を与えて水産資源を危うくしており、また、世界で最もすばらしい海洋生物のいくつかにとって長期的な脅威となっている

中国がこの地域の領有権を強引に主張するのと同時に、数多くのサンゴ礁や藻場、その他の浅水域の生態系が急速に破壊され埋め立てられている。このプロジェクトは、生態系が依存している栄養物の供給を妨げている。

■ 3億人の生計に影響

さらに、中国の好戦的な姿勢は、この地域の領有権や水産資源の帰属が不明確であることもあって破壊的な乱獲を招いている。海洋生態系の悪化はウミガメ、サメ、オオシャコガイなどの絶滅危惧種に脅威を与え、2010年以降で南沙諸島と南シナ海西部の水産資源は16%減少している。

約3億人が南シナ海の海洋資源に生計を頼っているため、中国が現在の方針を続けると、大規模な経済的混乱のリスクが高まる。南シナ海は隣接諸国だけでなく、世界全体にとっても重要な海域である毎日約300隻 (うち200隻は石油タンカー) が航行する、国際的な海上輸送路なのだ

 国際社会は、中国による南沙諸島の軍事化を非難し、中国に針路変更を迫り、海洋環境にとって一層破壊的な影響を及ぼす軍事衝突のリスクを最小化すべきだ。さらに広い意味では、南シナ海の浅水域の生態系の悪化・破壊に責任のあるすべての国が、この地域の生物学的多様性や経済の生産性に脅威を与える行動を中止しなければならない。

南沙諸島と南シナ海の大部分については第二次世界大戦の後、境界線争いが繰り返されてきた。中国の最近の埋立行為は、生物多様性条約 (CBD) や、絶滅のおそれのある野生動植物の国際取引に関する条約 (CITES) などの国際条約に違反している。

■ 大国の責任

中国の南シナ海における行動は、中国領海内の航行権を保証する、1982年の国連海洋法条約にも違反。また、中国による南沙諸島の軍事化は、南シナ海に関する行動宣言に明白に違反している。

この宣言は、調印国であるASEAN(東南アジア諸国連合)加盟国と中国に対し「紛争を悪化させ、平和と安定に悪影響を与える行動を自制すること」を要求。「現在人が居住していない島、岩礁、浅瀬、洲などに居住する行為を差し控え、建設的に相違点に対処すること」も含まれている。

宣言から13年が経過したが、ASEANは南沙諸島と南シナ海の状況について中国と合意に達するよう一層の努力をすべきである。また、国際社会はこの努力を支援すべきだ。

この地域のすべての国々に、海洋環境を監視・保護し資源を管理する責任がある。しかし、本当の責任は中国にある。国際法の順守について模範を示し先導するのは大国の責任である。中国は、南シナ海を手始めに、その責任に応えなければならない。

参考 東洋経済オンライン 2015.09.26

【関連する記事】