中国の大豆輸入→7800万トン

中国の山東晨曦集団粮油貿易公司の邵国瑞・会長は1日のインタビューで、中国による大豆輸入は2014年10月-15年9月に最大7800万トンに増加し、米農務省が7月に示した見通しの7300万トンを上回る可能性があると語った。同省のデータによると、前年の輸入は6900万トン。

世界最大の大豆消費国である中国の需要拡大により、シカゴ商品取引所(CBOT)の大豆相場下落に歯止めがかかる可能性がある

世界の大豆生産が過去最高水準に達するとの見通しが広がる中、相場は3年ぶりの安値に下落。4日には1ブッシェル当たり10.54ドルと、10年10月以来の安値を付けた。

参考 ブルームバーク 2014.08.06

【関連する記事】