中国の商業銀行→不良債権比率上昇

中国メディアの中国新聞社は23日、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が同日発表したデータとして、2014年12月時点における中国国内の商業銀行の不良債権比率は1.29%に達し、14年9月末の1.16%に比べて0.13ポイントも上昇し、過去4年で最高の水準に達したと伝えた

さんこう サーチナ 2015.02.01

【関連する記事】