中国の先物取引所→規制強化

中国金融先物取引所(CFFE)は31日、過度に投機的な動きに対応するため、「異常」と判断した取引に関する規制を強化すると明らかにした。8月3日から実施する。

株価指数先物の裁定、および投機的な取引の一部について「異常」扱いするとした1件の約定で400以上の注文取り消し、または1日当たり5回以上の自己売買は「異常な取引」と見なすと説明している

7月最後の取引となったこの日中国株は月間でおよそ6年ぶりの大幅な下げを記録した

参考 ロイター 2015.08.01

【関連する記事】